トップページ業務案内 > 臨床投与用 放射性標識化合物の合成

業務案内

Pharmaron (U.K.)

臨床投与用 放射性標識化合物の合成

2004年にGMP合成の受託を開始して以来、100を超える臨床投与用14C標識原薬もしくは14C治験薬をリリースした実績がございます。

 

ファーマロンの英国Rushdenサイトには英国医薬品規制当局(MHRA)からGMP認定を受けた合成区画が7区画あります。
14C標識指定出発物質([14C]Designated Starting Material)を合成するCardiffサイトはISO9001:2015に適合しています。

 

臨床用RI標識化合物([14C]API)GMP合成の流れ

  • 合成した14C標識原薬を世界各地の臨床施設へお届けします
  • 経口投与用の14C治験薬の製造が可能です
  • 品質規格の設定などお気軽にご相談下さい
  • ドシメトリーアセスメントも対応します

 

お気軽にお問い合わせ下さい
日本代理店 ビオブリッジ株式会社 TEL: 03-3265-9051 Email: info@biobridge.co.jp